Loading...
舞台は、1945年の中国国共内戦。蒋介石を指導者とする国民党と、毛沢東率いる共産党の対立が最も激化。日本の占領下にあった台湾と、中国本土との内戦の最中に出会った3組の男女の出会いと別れ、移りゆく愛の物語      
メガホンをとったのは、『男たちの挽歌』、『レッドクリフ』、『M:I-2』など、数々のメガヒット作を世に放ち、世界中にファンを持つ巨匠ジョン・ウー監督。『レッドクリフ』(08,09)完成直後に本作を構想し、前後編に渡る壮大な大河ロマンを書き上げるも、撮影直前に癌の宣告を受け、一時は完成が危ぶまれた。本作は、闘病しながら撮影に挑み、見事に完成させたジョン・ウー監督の渾身の一作といえる! 俳優陣には、チャン・イーモウ監督作『LOVERS』や、日本のドラマ・CMにも出演する金城武が、台湾籍の日本軍軍医イェン・ザークンを演じ、近年『マスカレード・ホテル』、『キングダム』、『コンフィデンスマンJP』と出演作が後を絶たない女優の長澤まさみが、ザークンの幼馴染・雅子を演じる。
他キャストに、チャン・ツィイー(『LOVERS』)、ホアン・シャオミン(『イップ・マン 葉問』)、トン・ダーウェイ(『レッドクリフ』)、ソン・ヘギョ(「太陽の末裔」)と、中国・日本・韓国を代表する超豪華キャストが集結!!
1945年、国民党の将校、レイ・イーファン(ホアン・シャオミン)は、上海の舞踏会でチョウ・ユンフェン(ソン・ヘギョ)と運命的な出会いをする。しかし国共内戦が激化し、レイはユンフェンを残し内戦の最前線へと向かう―ユンフェンは新居の家屋で、「ザークン(金城武)」と記された絵と、額裏から「雅子(長澤まさみ)」の日記を発見する―ユイ・チェン(チャン・ツィイー)は、出征したまま行方不明になった恋人を探すため、従軍看護師に志願。十分な食糧が無いなかで見知らぬ兵士、トン・ターチン(トン・ダーウェイ)と家族のふりをして、食糧配給を得る―
1949年、1,000人近い乗客乗員を乗せて上海から台湾へ向かっていた大型客船「太平輪」。船にはユイ・チェン(チャン・ツィイー)、イェン・ザークン(金城武)、トン・ターチン(トン・ダーウェイ)が、それぞれに違う目的で乗船していた。深夜、付近を航海中の貨物船と衝突した事で船内はパニックに陥り、それまでお互いを知る事の無かった男女の3組の運命が交差する―

  • 1973年10月11日、台湾生まれの日本国籍。沖縄出身の父と台湾人の母を持つ。93年『ワンダー・ガールズ 東方三侠2』でスクリーンデビュー後、ウォン・カーウァイ監督『恋する惑星』、『天使の涙』、チャン・イーモウ監督『LOVERS』、ジョン・ウー監督『レッドクリフ』ほか、多くの巨匠作品に出演した。5ヶ国語(日本語・台湾語・北京語・広東語・英語)を操る堪能な語学力を武器に、“アジアの男神”と称されるオーラを存分に放っている。
    『恋するシェフの最強レシピ』(17)、『捜査官X』(11)、『レッドクリフ Part I 』(08)/『Part II -未来への最終決戦-』(09)、『ウォーロード/男たちの誓い』(08)、『傷だらけの男たち』(06)、『ウィンター・ソング』(05)、『LOVERS』(04)、『Returner リターナー』(02)、『君のいた永遠(とき)』(99)、『ニューヨーク デイドリーム』(98)、『不夜城 SLEEPLESS TOWN』(98)、『冒険王』(96)、『天使の涙』(95)、『恋する惑星』(94)
  • 2000年に第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。同年公開の『クロスファイア』で映画デビュー。『ロボコン』(03)で初主演を務め、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)では第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞などを受賞、女優としての地位を確立した。その後も映画・TVドラマ・舞台・CMなど第一線で活躍している。
    『海街diary』(15)、『アイアムアヒーロー』(16)、『追憶』『銀魂』『散歩する侵略者』(17)、『嘘を愛する女』『50回目のファーストキス』『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18)、『マスカレード・ホテル』(19)、『キングダム』(19年4月19日)、『コンフィデンスマンJP』(19年5月17日)
  • 1979年2月9日、中国北京生まれ。中央戯劇学院に在学中、チャン・イーモウ監督の『初恋のきた道』のヒロインに抜擢され、注目を集める。『グリーン・デスティニー』でトロント映画批評家協会賞 助演女優賞、シカゴ映画批評家協会賞 新人女優賞に輝き、アメリカ版『GODZILLA ゴジラ』(14)の続編『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』やNetflixオリジナル映画『クローバーフィールド・パラドックス』など活躍の場をハリウッドへと広げている。
    『初恋のきた道』(99)、『グリーン・デスティニー』(00)、『MUSA -武士-』(01)、『ラッシュアワー2』(01)、『HERO』(02)、『オペレッタ狸御殿』(04)、『2046』(04)、『LOVERS』(04)、『SAYURI』(05)、『女帝 [エンペラー]』(06)、『ホースメン』(08)、『最愛』(11)、『危険な関係』(12)、『グランド・マスター』(13)、『クローバーフィールド・パラドックス』(18)、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(19)
  • 1981年11月22日 韓国生まれ。ファッション誌やCMのモデルを務めたのち、ドラマ「初恋」で女優の道へ進む。片山恭一のベストセラー小説「世界の中心で、愛をさけぶ」を原作とした韓国リメイク『僕の、世界の中心は、君だ。』で映画界へ進出。ドラマ「太陽の末裔 Love Under The Sun」で多くのファンを獲得する。
    『秋の童話 オータム・イン・マイ・ハート』(00/TV)、『HOTELIER ホテリアー』(01/TV)、『オールイン 運命の愛』(03/TV)、『サンシャイン・オブ・ラブ』(04/TV)、『フルハウス』(04/TV)、『僕の、世界の中心は、君だ。』(05)、『ファン・ジニ 映画版』(07)、『カメリア』(11)、『その冬、風が吹く』(13)、『グランド・マスター』(13)、『世界で一番いとしい君へ』(14)、『太陽の末裔 Love Under The Sun 』(16/TV)
  • 1977年11月13日、中国山東省生まれ。北京電影学院を卒業し、ヒーロードラマ「岳飛伝 -THE LAST HERO-」の主役を務める。俳優業のみならず投資家としても手腕を発揮するほか、「中国芸能界 慈善家ランキング1位」も獲得している。
    『神周鳥侠侶』(06/TV)、『女帝 [エンペラー]』(06)、『新・上海グランド』(07/TV)、『鹿鼎記〈新版〉』(08/TV)、『スナイパー:』(09)、『運命の子』(10)、『イップ・マン 葉問』(10)、『フライング・ギロチン』(12)、『ラスト・シャンハイ』(12)、『白髪妖魔伝』(14)、『封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド』(16)、『琅邪榜(ろうやぼう) ~風雲来る長林軍~』(17/TV)、『大脱出2』(18)
  • 1979年2月3日、中国遼寧省生まれ。遼寧芸術職業学院で演技の基礎を身につけ、ウィリアム・フォンを排出した現代演劇の名門・上海戯劇学院でさらに実力を磨いた努力家。98年にTVドラマで念願のデビューを果たす。映画『デスパレート 愛されてた記憶』のTVドラマ版で主役を熱演。親しみやすい風貌から“小眼睛偶像(小さい瞳のアイドル)”と称され、人気を博している。
    『ウォ・アイ・ニー』(03)、『スカイ・オブ・ラブ』(03)、『ロスト・イン・北京』(07)、『レッドクリフ Part I』(08)/『Part II -未来への最終決戦-』(09)、『トレジャー・オブ・ドラゴン』(11)、『ドラゴン・コップス -微笑(ほほえみ)捜査線-』(13)、『ゴールデン・スパイ』(13)、『更年奇的な彼女』(14)、『最愛の子』(14)
1946年5月1日、中国広州市に生まれ、一家で香港に移住。香港映画の黄金時代を築いたショウ・ブラザーズやゴールデン・ハーベストで、武侠からアクションコメディまであらゆるジャンルの監督を務める。“香港のスピルバーグ”と呼ばれるツイ・ハーク製作のもとで監督した『男たちの挽歌』シリーズが大ヒット。「スローモーション」「2丁拳銃」「回転撃ち」「白い鳩」などスタイリッシュな様式でバイオレンスの美学を貫き、アクション映画界に革命をもたらした。近年はハリウッド映画をはじめ、福山雅治&チャン・ハンユーがダブル主演した『マンハント』などで、安定の“ジョン・ウー節”を炸裂させた。
『男たちの挽歌』・・・(86)
『男たちの挽歌 II』 (87)・・・監督/脚本
『狼/男たちの挽歌・最終章』 (89)・・・脚本/監督
『狼たちの絆』 (91)・・・監督/脚本
『ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌』 (92)・・・監督/出演
『ハード・ターゲット』 (93)・・・監督
『ブロークン・アロー』 (96)・・・監督
『フェイス/オフ』 (97)・・・監督
『リプレイスメント・キラー』 (98)・・・製作総指揮
『M:I-2』 (00)・・・監督
『ウインドトーカーズ』 (02)・・・製作/監督
『バレット モンク』 (03)・・・製作
『ペイチェック 消された記憶』 (03)・・・監督/製作
『レッドクリフ Part I』 (08)・・・脚本/製作総指揮/製作/監督
『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』(09)・・・製作総指揮/監督/製作/脚本
『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』 (10)・・・製作総指揮
『レイン・オブ・アサシン』(10)・・・製作/監督
『マンハント』(17)・・・監督
ジョン・ウー監督は長年、歴史的事件を題材にした作品や、中国と台湾の両岸の思いを込めた映画を製作したいと考えていた。そんな時、『グリーン・デスティニー』『ラスト、コーション』で知られる脚本家ワン・ホエリンから「太平輪沈没事故」の話を聞いた。監督は、歴史に翻弄された人々に光を当て、動乱の時代を駆け抜けた感動物語を現代に蘇らせようと決心し、『レッドクリフ』の撮影直後から壮大な構想に入った。史実に基づいた要素のみならず、登場人物にもそれぞれリアリティを持たせながらシナリオが完成。
しかし、順調に撮影準備を進めていた矢先の2011年末、喉の奥に癌の一種、悪性リンパ腫が見つかる。クランクインを目前にして約1年間の闘病生活に入り、4度の手術と化学治療で体重は10kgも激減。それでも映画への情熱と創作意欲を失うことはなく、現場復帰を果たすことができた。本作を通してジョン・ウー監督が最も伝えたかったのは「不穏な時代ほど、愛の偉大さは際立つ」という不変のメッセージであり、長い監督人生のなかでも特に思い出深い作品になったといえる。
「自分の出演作を観て感情的になることはあまりないのですが、この映画だけは観ながら泣いてしまいました。」と本作への思い入れを明かした金城武。初恋相手に扮した長澤まさみについても、「彼女が演じた雅子の純真さにとても感動しました。」と惜しみない賞賛を贈った。台湾語の台詞で演じる映画は本作が初めてだったという金城は、不安なく演技に集中することができたという。 幼少期から金城のドラマを観ていたという長澤まさみは、金城との顔合わせに「嬉しい気持ちでいっぱいでした。」と金城との初共演を喜び、撮影時は「金城さんは、中国語と英語の飛び交う慣れない現場で、優しく紳士的にサポートしてくれました。」と振り返った。
着物を着た長澤まさみと学ラン姿の金城武が、雨のなか和傘をさしてデートするシーンは、かつて東洋最大の貴金属鉱山とよばれた金瓜山の「黄金博物館」の石階段で撮影。歴史を感じさせるこの石階段は、下駄を履いた和装の女性でも登りやすいように、踏み面は広めに、一段の高さは低めに作られている。一途な愛を表現したこのシーンは、ジョン・ウー監督の演出で和傘の動き、色を大切に撮影したが、演じた俳優2人の演技によってより美しく、胸が躍るシーンとなっている。
音楽は、『レッドクリフ』『マンハント』でジョン・ウー作品とのコラボ経験を持つ日本人作曲家、岩代太郎が担当。人と人との絆、生きる力、勇気や愛の象徴を音楽で表現するため、岩代が真っ先にイメージしたのは、長澤まさみ演じる雅子の屋敷近くでススキの穂が風に吹かれてしなやかに揺れる詩的なシーンだった。楽曲の制作過程で岩代は、愛する人を深く静かに想う心情をメロディに込め、観客の心をもしなやかに揺らす楽曲を2ヶ月間で約100曲も書き上げたという。
「THE CROSSING / Original Scores CD Album」

代表的なスコアを集約した作品集。
矢井田瞳が歌う日本語版テーマソング「Song of Autumn Silver Grass」も収録。

発売中 / ¥2,700+税 / YCCS-10058 ㈱ヤマハミュージックコミュニケーションズ